FAQ

ここではよくある質問とその答えが書かれています。ここにない質問はメールでご質問下さい。

よくある質問と答え FAQ

テキスト⇒XML変換システム T2X

Q.どのようなパソコンが必要ですか?

A.Windows2000,XP,Vista,7が動いているパソコンが必要です。メモリは最低256以上です。ランタイムにMicrosoft .NetFeameWork2.0が必要です。

Q.テキストからXMLへの変換機能を自社のプログラムから利用することはできますか?

A.有償ですがT2Xコンバータで使われている変換機能をライブラリとして提供しています。変換規則と変換元ファイルを指定するだけで簡単にXMLに変換されます。変換結果はXmlDocument(DOM)として出力されますので、ファイルやデータベースに変換したり、プログラムで処理することが簡単にできます。詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

日課放送システム 放送名人

Q.どのようなパソコンが必要ですか?

A.Windows2000,XP,Vista,7が動いているパソコンが必要です。メモリは最低256以上です。ランタイムにMicrosoft .NetFeameWork2.0が必要です。ただしVistaはサービスパックSP1以上が適用されている必要があります。

Q.購入前に試用することはできますか?

A.機能制限のない試用版を無料でダウンロードしてインストールすることができます。試用期間は2ヵ月ですのでその間に御社の業務に適しているかご判断下さい。マニュアル等もご覧いただけますのでご自身でインストールも可能ですが、必要でしたらインストールのサポートも致します。ご質問にも無料でお答え致します。

Q.試用版のデータはそのまま使えますか?

A.このシステムを試すには実務で使ってみるのが一番です。試用後にご購入する場合は、試用版をそのまま購入製品として引き続き利用することができます。もちろん他のパソコンにデータを移すことも可能です。

Q.既存の放送設備を活用することはできますか?

A.パソコンよりのスピーカ出力を既存の放送設備のアンプの入力とすることができます。既存の放送設備が日課放送システムになります。接続方法は放送設備の仕様に従って下さい。「放送名人」のトライアル版をダウンロードして実際に接続をテストして確かめることができます。

Q. 実行時にエラーメッセージが表示されます(1)

A.放送名人を実行時に、次のエラーメッセージが表示されるときがあります。
「Windows - 正しくないイメージ
Exception Processing Message 0xc000007b 」

これはWindows Vistaの初期バージョンにある不具合です。Windows Vista の更新プログラムであるWindows Vista Service Pack 1 をマイクロソフトのサイトよりダウンロードしてインストールして下さい。

Q. 実行時にエラーメッセージが表示されます(2)

A.放送名人を実行時に、次のエラーメッセージが表示されるときがあります。
「メディアファンデーション保護パイプラインEXEは動作を停止しました。 」

これはSony VAIO にインストールされている MediaPlayer用のプラグイン「SSMS Audio Filter 」の不具合です。MediaPlayerを起動して、[ツール]メニューを開いて、[プラグイン]にマウスカーソルを合わせ、[SSMS Audio Filter Plug-in]のチェックを外して下さい。これでSSMS Audio Filterを使わないようになります。

支払管理システム RAINBOW/5

Q.どのようなパソコンが必要ですか?

A.Windows2000,XP,Vistaが動いているパソコンが必要です。メモリは最低256以上です。データベースを使用していますのでメモリは多いほど処理が速くなります。モニタは1024x768以上です。プリンタはインクジェットまたはレイザープリンタが必要です。

Q.興味があるのですが、詳しい説明に来てていただけますか?

A.御社にお伺いして、デモを行い詳しく説明させて頂きます。電話またはメールでお問い合わせ下さい。

Q.購入前に試用することはできますか?

A.機能制限のない試用版を無料でダウンロードしてインストールすることができます。試用期間は2ヵ月ですのでその間に御社の業務に適しているかご判断下さい。マニュアル等もご覧いただけますのでご自身でインストールも可能ですが、必要でしたらインストールのサポートも致します。ご質問にも無料でお答え致します。

Q.試用版のデータはそのまま使えますか?

A.このシステムを試すには実務で使ってみるのが一番です。試用後にご購入する場合は、試用版をそのまま購入製品として引き続き利用することができます。もちろん他のパソコンにデータを移すことも可能です。

Q.複数のパソコンで共有して利用できますか?

A.はい。LANで結ばれた複数のパソコンから同時に利用することができます。ただし追加のライセンスが必要となります。数台まででしたら特別にサーバーは必要ありませんが、台数が増える場合は別と専用のサーバーを設置することをお勧めします。

販売管理システム RAISER/5

Q.SAアカウントとはなにですか

A.:SAアカウントはSYSTEM ADMINISTRATOR の略で、データベースに対する全ての権限をもつ特別なユーザーです。SAアカウントはデータベースの削除等の全ての権限をもちますので、パスワードを空にしておくと危険です。また、販売管理にログインする場合はなるべくSAアカウントではなく別のアカウントを作りログインして下さい。ただし、新しいデータベースを作る場合はSAアカウントで行って下さい。

Q.:新しいアカウントを作るには

A.:次の手順で新しいアカウントを作ることができます。

@ MSDEを起動しておきます。
DOSプロンプトにて次のように入力します。
C:> CD C:\MSSQL7\Binn

A osqlユーティリティを起動しアカウントSAでデータベース(Rs5)にログインします。
C:\MSSQL7\Binn>osql /USA /dRs5

B SAにパスワードが設定されている場合は入力します。
Password:

C ログインID(rs5user) とパスワード(maple)を設定する。
1> sp_addlogin 'rs5user', 'maple'
2> go
新しいログインが作成されました。

D ログインアカウント(rs5user)をDB内ユーザー名(rs5mem)で現在のデータベースに追加する。
DB内ユーザー名にNULLを指定するとログインアカウントと同じになります。
1> sp_grantdbaccess 'rs5user', 'rs5mem'
2> go
'rs5user' にデータベースのアクセス権が許可されました。

E 固定サーバーロール(db_owner)にユーザー(rs5mem)を追加する。
1> sp_addrolemember 'db_owner', 'rs5mem'
2> go
'rs5mem' がロール 'db_owner' に追加されました。

F 処理を終了する。
1> EXIT

Q.Windows95/98をサーバーにできますか

A.できます。クライアント側の設定を次のように変更してください。
「ファイル名を指定して実行」で cliconfg を実行します。
SQLクライアント設定ユーティリティが起動しますので、全般タブの無効なプロトコルより TCP/IPを有効にして下さい。OKでWindows95/98サーバーに接続可能となります。>

Q.壁紙を変えられますか

A.できます。インストール先のフォルダに BackGrnd.jpg というファイルがあります。これが壁紙の画像です。お好きなJPG形式の画像を BackGrnd.jpg という名前でインストール先のフォルダに保存すれば壁紙は変わります。壁紙のサイズはウインドウサイズに合わせて自動的に伸縮されます。

Q.送り状を印刷するには

A.売上一覧画面を表示します。売上と関連した送り状を作成するには、該当する売上を選択し右クリックまたは編集ボタンをおします。売上と関連しない送り状を作成するには、適当な売上を選択し右クリックまたは編集ボタンをおします。
メニューが表示されますので、送り状発行を選択して下さい。送り状発行ダイアログが表示されます。プリンタ設定やプレビューを行う場合は印刷設定にチェックを付けます。

Q.入金伝票入力のとき請求金額と入金残高を表示するには

A.システム設定の決済伝票タブでオプション表示の請求金額にチェックを付けます。チェックを付けても請求金額と入金残高は自動的には表示されません。表示させるには入金伝票入力時に請求額の欄をクリックします。これは、請求金額を計算するのに時間が掛かる場合もあるからです。

Q.バージョン情報をみるには

A.メニューより「ヘルプ」→「RAISERのバージョン情報」を開きます。製品名の右に書かれている日付がバージョンです。更新情報の日付より最新版に新しい機能の追加や不具合の修正がなされていないか確認して下さい。

Copyright (C) 2010 株式会社メイプルソフト, All rights reserved.    個人情報保護ポリシー